この記事をシェアする

SNSの種類にはどんなものがある?

代表的なSNSをチェックしてみよう

最初にご紹介するのは、ツイッターです。
ツイッターでは、最高140文字まで自分の感じたことをつぶやくことが可能です。
とても手軽でリアルタイムで表示されるため、災害の際や電車の遅延情報を知りたいときなどにも役立ちます。
匿名でアカウントを作ったり、複数のアカウントを持ったりすることが出来ます。
ユーザーの年齢層は10代、20代の若い方が多いと言われています。
次にご紹介するのは、フェイスブックです。
フェイスブックのユーザーは30~40代以上にも多く、あらゆる年代の人に活用されている印象です。
例えば昔のクラスメートの近況を知りたい時などに非常に役立ちます。
また、LINEのようにリアルタイムでチャットを楽しめるメッセンジャー機能も人気の理由の一つです。
そしてインスタグラム。
「インスタ映え」という言葉からも分かるように、画像がメインのSNSです。
インスタグラムは10代~30代の女性を中心に人気があります。

他にはどんなものがある?

これまでご紹介したものはいわゆる「3大SNS」と呼ばれるものです。
しかし、これ以外にもまだまだSNSはたくさんあります。
最初はLine。
もう説明の必要がないほど有名なSNSですよね。
若い方からご年配の方まで幅広いユーザー数を誇り、タイムラインに投稿することも可能です。
次にご紹介するのは、Snow。
こちらは写真を加工することが出来るので、自分を可愛くPRしたい10代~20代前半の女子に人気があります。
見た目はLineと似ている感じですが、それもそのはず、Lineと同じ韓国の企業の子会社が運営しているのだそうです。
そしてSnapchat。
こちらはアメリカでとても人気の高いSNSですが、日本でも10代のユーザーが多いと言われています。
一定期間が経つと画像が消去される点が、お手軽でウケているようです。
SNSは他にもありますので、自分に合ったSNSを探してみるのも楽しいかもしれません。